ご挨拶

ようこそ、学校薬剤師会のホームページに
        ~学校薬剤師の活用~

このHPを開設して今年で3年目になります。学校薬剤師の先生方はもちろん、学校関係者、保護者の皆様にもお役立ち情報を提供できるよう、努力しています。


さて、

東京オリンピックの開催という期待に胸を膨らませてスタートした2020年が、世界的な新型コロナウイルスの蔓延で、私たちは今まで経験したことのない日々を強いられています。


児童・生徒の皆さんは、

卒業式、入学式という人生の節目が非常に縮小され残念な思いをした上に、年度末から継続の休校により、新学期の授業をほとんど実施できないまま自宅学習を余儀なくされ、外出自粛の中、不安な毎日を過ごしていることと思います。


私達学校薬剤師は

学校環境衛生検査を通して、児童・生徒の学習環境を快適かつ安全に守るために、これまでも活動し続けてきました。


学校環境での「3密」を避ける上で

新型コロナウイルス対策における「3密」の中で「密閉空間」を避けるといことは、これまでも学校環境衛生検査の指摘事項でした。今日の学校は(もちろん、私たちの家でも)気密性が高く、意識して換気をする必要があります。今年の夏からは、県内の多くの学校でエアコンが稼働します。残念ながら、ほとんどの学校には強制換気装置がありません。又、いわゆる換気扇があっても、カーテンに隠れてしまう位置に設置されているケースも多くあります。


換気の重要性は常にみんなに伝えよう

換気は教室側の窓だけ開けるのではなく、廊下側の窓も開放して風を通すことが重要です。窓を開ける習慣が少なくなった今日、学校では1時限に1回10分くらいの窓の開放を心がけなければならないことを、学校薬剤師の先生方は改めて学校へ指導助言をしてください。また学校施設の衛生管理や消毒に関する学校からの問い合わせにも、しっかり対応してください。


これからも

これからも児童・生徒の学習環境を快適かつ安全に守るために、私達学校薬剤師は適切かつオンタイムの情報を入手し、学校関係者や保護者の頼れる存在になれるよう努力しましょう。


2020年 5月
富山県学校薬剤師会
会長  宮林 紀子