学校環境衛生基準の一部改正について

令和2年12月15日に、学校環境衛生基準の一部を改正する件(令和2年文科学省告示第138 号)(令和3年2月1日に一部誤りがあったものを訂正された)が公布されました。令和3年4月1日から施行されます。

改正の概要
  • ①キシレンの基準値  (教室等の環境にかかる学校環境衛生基準)

キシレンの基準値  870 ㎍/㎥(0.20ppm)➡ 200 ㎍/㎥(0.05ppm)
  • ②その他  (飲料水の水質及び施設・設備にかかる学校環境衛生基準)

第2の2(5)のウ. 「清潔状態」➡「貯水槽の清潔状態」

(学校環境衛生管理マニュアル 平成30年度改訂版 p.178、p.184 を参照ください)

通知そのものは下記に添付いたします。

基準が改正されたことを認識するだけではなく、新しい基準を満たしているかの確認と、もし基準を超えた場合には換気の励行はもちろんですが学校薬剤師の協力のもと適切な措置を講じることを求められています。

そして、この通知では、学校環境衛生活動に係る留意事項として①学校②学校の設置者 の責務についても述べられています。

校長先生、設置者としての行政あるいは経営本体の方、もしこのような環境衛生に対応がなされていない場合は少しずつの改善をお願いします。また、その際には学校薬剤師にお声掛けください。力になれます。


ファイルを開く

2021学校環境衛生基準一部改正について


2020年12月8日改訂Ver.5版「学校におけるCOVID-19に関する衛生管理マニュアル」が出ました

またまたまた「学校におけるCOVID-19に関する衛生管理マニュアル」がさらに一部改訂・新規追加されました。Ver.5です。

COVID-19第3波か??という状況の現時点での、拡大防止の手立て、ウイルスと共に生きる方策、心づもりはどうでしょうか。


ファイルを開く

学校におけるCOVID-19に関する衛生管理マニュアルVer5

Ver.4と比べて改訂/・追記された箇所が赤字で記載されています。

子ども達の学ぶ機会と、豊かに成長する権利を奪わないために、学校薬剤師ができることは現在の状況・情報の把握と提供、学校側との連絡です。

主な改訂箇所

  • データやその分析の更新(児童生徒や教職員等の感染状況やその分析について、前回集計時点(6月1日~8月31日報告分)に、11月25日までの感染状況追加。
  • 同一校の5~10 人以上の感染事例の分析を追加。感染事例の大半が校内感染者1人にとどまっていること等について、各学校での感染拡大の防止のための工夫と努力が大きいと考えられ、取組の継続を引き続き依頼。
  • 感染拡大地域における学校教育継続の考え方について追記。特に小・中学校は、地域一斉の臨時休業は基本的には避けるべきと明記。また、中高生については、感染の状況に応じて、マスクを着用しないで行う感染リスクの高い活動を一時的に制限する対応を検討することなどを追記。
  • 冬季の対策について追記。①冬季でも可能な限り常時換気に努め、室温低下により健康被害が生じないよう暖かい服装を心がけること。②室温が下がりすぎないよう空き教室を活用して行う「二段階換気」等について追記。  また、換気は地域に応じた方法もあることを紹介。
  • マウスシールドについての注意喚起の追記、幼児のマスク着用について厚生労働省の見解を踏まえ、追記。
  • 「感染者が発生したらまず臨時休業する」対応を見直し、臨時休業の要否を保健所と相談の上、真に必要な場合に限って行う旨を明記。
  • 「新型コロナウイルス“差別・偏見をなくそう”プロジェクト」の活用について追記。
  • 体育のマスク着用、給食などの昼食時の留意事項を追記。
  • 健康診断の実施について追記し、「学校等欠席者・感染症情報システム」加入のメリットを紹介

ファイルを開く

マニュアルVer.5の別添資料


効率的で意味のある換気をするよう指導を ~教室のCO2濃度は何のために測定?~

立冬もとうに過ぎ、学校では暖房をつける時期となってきました。夏場のクーラー使用の際にも悩ましかった『換気』。冬はどうするのがよいでしょうか。

学校環境衛生基準では

教室等の空気環境などは、学校環境衛生基準では、以下のように定められます。


検査項目 基準
(1)換気 換気の基準として二酸化炭素は、1500ppm以下であることが望ましい。

(その他、温度などの項目はここでは割愛します)

二酸化炭素濃度(CO2濃度)は『空気の汚れの指標』です。1500ppmを越えたらすぐに生命の危険があるわけではなく『汚れた空気環境は学習など学校生活環境に不適ですから換気は十分にしましょう』、というわけです。ちなみに外気のCO2濃度は400ppm前後です。

報道などでCO2濃度1000ppm以下にするべき、ということがちらほら…

ところで、11月に入ってから『CO2濃度は建築物環境衛生管理基準では1000ppm以下となっている』ので『換気の目安としてCO2濃度を経時的に測定し』、『CO2濃度は1000ppm以下にしなくては』といった報道が散見されるようです。

学校環境衛生基準に則って安全衛生管理をされるように、学校側へ指導を

もちろんCO2濃度は低い方が空気は澱んでおらず、換気が十分であることを示します。けれども、学校現場においては学校環境衛生基準が定められており、それを指標に換気をすることが大切です。

CO2濃度の数値だけを見て、その現場の状況(教室の配置、子ども達の人数、窓の数、学校で実際に実施している換気状況など)を無視して一喜一憂し、寒くなるほどの換気をするのは意味があるでしょうか。

学校薬剤師の先生方、担当校へ環境検査を実施される際には今まで通り『CO2濃度は1500ppmを越えないことが望ましい』という換気の基準を念頭に置き、実際の検査結果を基に学校側への換気指導(窓開け、換気扇の使用、第一種換気システムの設置と使用の勧め)などを、学校の実情に合わせてご指導ください。


「学校におけるCOVID-19に関する衛生管理マニュアル」2020年9月4日改訂Ver.4版が出ました

またまた「学校におけるCOVID-19に関する衛生管理マニュアル」がさらに一部改訂・新規追加されました。Ver.4です。


ファイルを開く

学校におけるCOVID-19に関する衛生管理マニュアルVer4

状況は刻々と変化しています。COVID-19拡大防止の手立て、ウイルスと共に生きる方策、心づもりも少しずつ変わります。

Ver.3が発された時にも記しましたが、子ども達の学ぶ機会と、豊かに成長する権利を奪わないために、学校薬剤師ができることは現在の状況・情報の把握と提供、学校側との連絡です。

主な改訂・新規追加についての内容です。詳細は添付しましたマニュアルVer.4、他資料を参照ください。

主な改訂箇所

  • データやその分析の更新(児童生徒や教職員等の感染状況やその分析について、前回集計時点(6月1日~7月31日報告分)に、8月の感染状況及び同一の学校において複数の感染者が確認された事例の件数とその分析を追加。)
  • 地域の感染レベル(1~3)について、新型コロナウイルス感染症対策分科会の提言による分類(Ⅰ~Ⅳ)との対応関係を整理
  • フェイスシールドの活用について留意点を追加
  • 部活動における大会への参加や、練習試合、合宿等に当たって留意すべき点等を追加
  • 寮や寄宿舎における感染症対策を充実(実際の感染状況を踏まえ、「第6章 寮や寄宿舎における感染症対策」を新たに追加し、寮や寄宿舎における感染症対策を具体的に記載。(居室や共有スペースにおける感染症対策や感染者が発生した場合の対応等))

ファイルを開く

部活動・寮や寄宿舎における対策(Ver4の題3章、第6章の関係部分抜粋です)

また、マスク着用・水泳授業・健康診断に関してはVer3お知らせの回に添付のファイルと同じです。必要なシーン、場所での着用にするように徐々に学校側にも助言される際の資料として是非お使いください。


ファイルを開く

マスク着用、水泳授業、健康診断について


学校薬剤師研修会の動画をアップしました

先日8月30日に開催された今年の学校薬剤師研修会の様子を動画にまとめました。当日参加できなかった方、再度確認してみたい方、是非チェックしてみてください。研修会最後の部分は通信が途切れてしまったのですが、それを補填するように編集しました。

富山県学校薬剤師会 会員限定で閲覧できます。

令和2年度 学校薬剤師研修会の動画・資料

資料等の扱いについては十分に注意していただくようお願いします。